マンションでも注目のリノベーションとは

雑誌やテレビ等で最近よく住宅のリノベーションという言葉を耳にしませんか。何となく意味は分かるけど、リフォームと何が違うのかと思っている人も多いのではないでしょうか。リフォームはクロスの張替やキッチンを新しいものに取り換えるといった具合に、老朽化した建物の性能を初期の状態に戻すことを言います。これに対しリノベーションとは、補修工事ももちろん行いますがリフォームと大きく違うところは建物を初期の状態に戻すだけではなく更にそこに新たな付加価値を付けて再生させることです。より良く作り変えるという目的があり、その工事は大規模になるものが多いようです。水回りの移動や配管工事、外壁の変更、構造補強、間取りの変更等が行われ、その建物の用途さえも変わることがあり、全くの新しい建物に生まれ変わらせることができます。戸建でもマンションでもリノベーションは可能で、中古マンションはそれを前面に出すことによって人気を集めている物件も多くあります。

リノベーションをすると古いマンションでも空室率が改善される

マンションリノベーションというものをご存知ですか。これは、建物を新しく作り変えることで、新しい価値を生み出すことを言います。リフォームと似たような行為ではあるのですが、リフォームが「悪くなった部分を修繕する」という意味で使われることが多いのに対して、リノベーションは「新しい価値を引き出すための改築」とされることが多いです。積極的に建物の価値を引き出すために、ビジョンを持って改築することがリノベーションなのです。こういった改築は、古くて人気のなくなったマンションの価値をよみがえらせることがあります。空室率が高くて困っていたような古いマンションでも、改築することで入居者の確保がしやすくなります。どういった改築をするのかにもよりますが、世の中のニーズに合わせた変更を加えるだけで、満室にすることも夢ではないのです。築年数が古くても見た目が美しいと、女性入居者も集めることができます。賃貸経営の最終手段として注目に値します。

Valuable information

Last update:2017/2/24