戸建て住宅リノベーションの注意点

最近の住宅業界はかつての新築至上主義の様相は変化しつつあり、中古戸建て物件を安く購入して、自分が住みやすいようにリノベーションする形式が徐々に一般化しています。しかし中古戸建て住宅の中には、手頃な値段で購入できる物件が存在していますが、あまりに安い物件には、リノベーション工事で必要な費用以上に、修繕工事が必要なケースも少なくありません。戸建て住宅の中には耐震性が低い物件も多数含まれているため、リノベーション工事とは別に、耐震補強工事をする必要性も把握しておくことが重要となります。また、将来的に新築住宅には省エネルギー性能を持たせた仕様でなければ認められない制度に移行していくことが決定していますので、既存の住宅の資産価値を維持するためには、省エネ改修工事も必要になる場合があることを考慮しておかなくてはなりません。今後の中古物件選びには、こうした耐震性と省エネルギー性能を加味した探し方が重要となるのです。

戸建てでもリノベーションができます

リノベーションというと、マンションを想像してしまいがちですが、一戸建ての住宅でもリノベーションをする事例がたくさん有ります。たとえば、絶好のロケーションに建つ2階建ての中古住宅を購入したけど、1階部分の導線やスペースあるいは周囲を壁で囲まれた、いわゆる田の字型の住宅でよくある採光などの問題があり、それを改善して住みやすくしたいなどの理由で間取りを変更するパターンがよくあります。このような場合にも施行することができます。壁を大きく開けて窓を造り、光を多く取り入れることで、家の中がかなり明るくなりますし、また、間取りを変更してキッチンやリビングを使いやすく、さらに居心地をよくすることで、家族が集まりやすくなります。その上、導線を改善することで、朝などのあわただしい時間帯でのイライラなどもなくなります。最近では、少し安い中古物件を購入して、リノベーションに費用をかけることで、住みやすくするケースが増えてきています。